セフレサイト無料

出会い系サイトで出会った、人生初の彼女

専門学生だった頃、出会い系サイトを介して初めて彼女ができました。

 

それまで女性と付き合ったりセックスをした経験がなかった私は、普段の性欲の処理はアダルトビデオやDVDをレンタルして来て、自宅でオナニーをする以外に方法がありませんでした。

 

ある日、私の友人が使っている出会い系サイトを紹介されました。

 

どこか意地を張っていたこともあり、自分の彼女は自分で作るからと出会い系サイトなどの類は避けて来ました。

 

だけどその友人は過去に出会い系サイトで彼女を作り、その彼女と面識があった私は、心のどこかで彼を羨ましくも思っていました。

 

出会い系サイトを紹介された時は「絶対やらないから」と強気で断りましたが、やはり彼女が欲しかった私は紹介された出会い系サイトに思い切って登録して見ました。

 

簡単なプロフィールや好みの女性の情報を入力するなどとても簡単で、作業ではほんの数分で完了しました。

 

こんなので本当に女性に出会えるのかと半信半疑でしたが、なんと登録して一時間もしないうちにケータイに通知が来ました。

 

そこには、ある女性が私とコンタクトを取りたいとの内容が書いてありました。

 

彼女は私の住む場所から電車で30分くらいのところに住んでいて、出会いの目的は「彼氏を作ること」だそうで、恥ずかしながら少し運命を感じてしまいました。

 

それからその彼女と直接連絡を取り合うことになったのです。本当にびっくりしました。

 

こんな短時間で私と会いたいと連絡をくれるものなのかと、この時点では正直まだ少し疑っていました。

 

そして話は進み、ふたりで会おうということになり、私は彼女の住んでいる最寄り駅まで行ってみることにしたのです。

 

待ち合わせの当日、私は本当に彼女が来るのか不安でいっぱいでしたが、約束した待ち合わせ場所で待つことにしました。

 

待ち合わせ時間より15分も早く到着してしまい、どこか時間を潰せる場所がないかと周囲を見渡していた時です。

 

私のケータイに彼女から着信がきたのです。

 

電話に出てみると「今キョロキョロしてたでしょ?」と彼女は少し笑いながら言いました。

 

見られてる!本当に来たんだ!と直感した私は「まだ待ち合わせ時間より早いけどどこにいるの?」と聞きました。

 

すると彼女は「後10秒で着く」と言って電話を切りました。

 

再度周囲を見渡した私は、覚えのある女性が歩いて来るのが見えました。

 

約束の時間より15分早く、彼女がやって来ました。

 

「はじめましてじゃないけどはじめましてだね」と笑いながら言う実物彼女は、私が思っていたよりずっと可愛いかったです。

 

その後、私達は駅前の大衆居酒屋へ行きました。

 

ふたりで軽くお酒を飲んで、ぎこちなかった会話はいつしか友達と飲んでいるかのような和やかな雰囲気に包まれました。

 

お互いのことをたくさん話し合ううちに、いつしか私は彼女のことを好きになってしまいました。

 

この日、唯一の誤算があるとすれば、それは彼女の酒癖を知らなかったことでした。

 

食事もお酒もほどほどに私達は店を出ました。

 

私はこのまま別れて、彼女がよければまた会うような流れになるんだろうなぁと思っていたのですが、お酒の回った彼女は「少しふたりで歩きたい」と言い、突然私の手を握って歩き出しました。

 

このような状況には一切の免疫がない私は戸惑いもありましたが、とても幸せな時間だと感じました。

 

そしてふたりで歩いているうちに彼女が突然話し始めました。

 

「今日私は彼氏になってくれる人に会いにわざわざ会いに来たんだよ」と彼女は言いました。

 

私は何を言っているのかわかりませんでしたが、その直後すぐに理解しました。

 

居酒屋で話してる時は明るく清楚な感じの印象だった彼女ですが、私の手を引っ張り裏路地へ入ると急にキスをしてきたのです。

 

初めてのキスに驚きました。彼女は「私のこと好き?」と私に聞きました。

 

私は「今日会って大好きになった」と正直な気持ちを伝えました。

 

彼女は笑い、今度は抱きついてきてキスしてきました。

 

今度はディープなキスで、これには私のペニスは我慢できずに勃起状態になってしまい、密着状態だったため彼女にバレてしまいました。

 

恥ずかしくて気まずい空気を作ってしまいましたが、彼女は笑って「行こう」と言いました。

 

私達はそのまま駅の近くのラブホテルへ行きました。

 

初めて入るラブホテルも緊張でしたが、部屋に入ってすぐに「一緒に入ろう」と言ってお風呂に入ったのが一番恥ずかしかったです。

 

ふたりで体を洗い合い、その間ずっとキスをしていました。

 

そしてお風呂場で人生初めてのフェラチオをされ、あまりの気持ち良さに我慢できず、彼女の口の中に出してしまいました。

 

「ごめん!」と慌てて謝る私に「そんなに気持ちよかった?」と笑う彼女にゾクゾクし鳥肌が立ちました。

 

お風呂を出てすぐにベッドへ行き、アダルトビデオやDVDでしか見たことのないセックスが始まりました。

 

彼女のアソコを舐めると喘ぎ声をだして感じ、乳首を触るとビクっと反応する彼女に人生初めての挿入をしました。

 

女性のアソコがこんなにも気持ちいいものなのだと知り、そのまま数分と持たず私は彼女の中に射精してしまいました。

 

「早いよぉ」と言う彼女でしたが、私はその日に5回も彼女の中で射精しました。

 

これには彼女も「精力ありすぎ!でも私達って体の相性もピッタリだね」と言っていました。

 

それからは遊園地や水族館へしに行ったり、映画を見たり食事をしたりと、普通のデートをしています。

 

こうして私は人生初の彼女をゲットし、今でももちろん毎週セックス三昧の日々を送っています。

セフレサイト無料