セフレサイト無料

肉食系男性になるにはセックス内容を重視しよう

 

セックスをする時には
肉食系男子になることが重要です。

 

いざ、セックスというシチュエーションになった時に
いつまでも責めないとやはりよいセックスとはなりません。

 

ただ、これは相手の経験人数によっても
変わってくるでしょう。

 

経験人数が多い人であれば
割と責めてくることも多く、
男性が常に肉食状態である必要もありません。

 

ですが、問題なのは経験人数の少ない女性、
またそのように見せかける女性の場合、
何もせずに横たわっているだけということは多いので
男性の方から責めていかなければいけません。

 

ただ、なかなかセックスに慣れていないために
どのように責めてよいのかわからないという
男性も多いかもしれません。

 

ここでは一般的に言われるセックスのテクニックについて
紹介していきましょう。

 

まずは、おっぱいの責め方です。

 

当然セックスに慣れていない時には
おっぱいを揉みたくなるというのがあるかもしれませんが、
実は女性というのはおっぱいを揉まれても
そこまで気持ちのよいものではありません。

 

乳首を責められると気持ち良い女性も多いですが、
おっぱい全体を揉まれても
そこまで感じる女性は少ないのです。

 

しかし、だからと言っておっぱいを全く責めなくても
よいのかというと、そういうわけではありません。

 

おっぱいを攻めることにより
体感的に性的な興奮はなくても
精神的にドキドキすることがあります。

 

また優しく揉まれることによって
大事にされている、と感じる女性もいます。

 

もし事前に、「激しいプレイが好き」と言っているのであれば
あえて強く揉みしだくというのもよいでしょう。

 

また、乳首を責める場合には、
実は服の上から責めることで
より気持ち良いと感じる女性もいます。

 

すぐにブラまでとりたくなるかもしれませんが、
服の上から責めてみるのもよいでしょう。

 

慣れないうちには、おっぱいを揉んでいる時間を
多くとってしまうかもしれませんが、

 

できればおっぱいを揉むのは最初のうちに少しだけにして、
ある程度女性がドキドキしているようであれば
次にいきます。

 

次に体をなぞったり舐めたりしつつ、
女性器に近づいていくかと思いますが、
あまり体の部分というのは

 

責められ慣れていない女性では
快感に繋がらない場合があります。

 

快感につながらないとくすぐったいだけですので
女性の気持ちが冷めてしまうかもしれません。

 

ある程度セックスを繰り返して性感帯は発達していくので
男性側が責めるべきような相手であれば、

 

体のラインをなぞったり舐めたりするのは
ある程度さらっとして、性感帯にいきましょう。

 

挿入する前に性感帯を愛撫することになると思いますが、
多くの女性にとってはこの時間が一番大切です。

 

挿入よりも愛撫の方が気持ち良いという女性は多く、
更に一番性的に感じる部分でもあります。

 

できればこの性器を愛撫する時間を多めにとりましょう。
ここも、おっぱいの時と同様で
優しく愛撫することで大切にされている、と感じますが

 

激しく責められたいという女性には
ちょっと強めにしておくとよいでしょう。

 

特に激しいセックスが好き、と言っていない場合には
優しくしておくことが大切です。

 

性器の愛撫が終わったら挿入しますが、
自分がイッても女性がイッていないようであれば
再度愛撫でイカセてあげるのも大切です。

 

男性だけが気持ち良いセックスというのは
あまりよいセックスとはいえません。

 

こうしたようなセックスを、
そもそもする相手がいないという場合には
セクフレ募集サイトで無料で探すことができます。

 

サイトに登録して探してみましょう。

セフレサイト無料