セフレサイト無料

紳士的に演じることがセクフレつくりでは大切

 

セックスをしたくて
なんとかセクフレをつくることができないか…
と色々やっていたところ、
実際に女性と会うということになった時に
性欲が我慢できないという方も多いかもしれません。

 

ですが、女性と会うという時には
ちゃんと紳士的に演じることが大切です。

 

苦労して会うまでに至ったからこそ、
性欲を抑えて紳士的に話すことが大切です。

 

紳士的と言っても、
まったく性欲を出さないということではありません。

 

ここでは、セクフレとセックスに至るまでに
セクフレ募集サイトを利用した際を例にして
どのような流れでいくのがよいのかを紹介します。

 

まず、フリーメールを用意します。

 

セクフレ募集サイトからは
誰かからメッセージが来た時にメールが届くので、
誰かに見られないようにフリーメールを取得しておくのが
一般的です。

 

もちろんフリーメールでなくても良いので、
普段利用している携帯メールやPCメールで
登録をしても構いません。

 

メールの用意ができたら、
セクフレサイトに登録します。

 

この登録の際にプロフィールを同時に
記入することが多いので入力しておきます。

 

入力する際の注意点として、
秘密など詳しくかかないこともできますが
ちゃんと埋めておくことです。

 

これにより、相手を見つけた時に
返事が来たりメールが来たりする可能性が
高くなるのです。

 

特にプロフィールに写真を載せることができる場合、
載せておくようにしましょう。

 

写真があるかないかで女性の反応もだいぶ変わります。

 

次にサイトに登録をしたら、
掲示板を見て相手を探します。

 

この時に自分から書き込んでもよいですし、
女性の書き込みを見てメールをしても構いません。

 

自分から書き込みをする場合、
できればセックスアピールだけでなくて
自分のよい部分や性格なども決めておきましょう。

 

このサイトの利用時から紳士的に行動する必要があります。

 

ここで嫌がられてしまっては
全く先に進むことができません。

 

メールで連絡をする場合も基本的に同様です。

 

「セックスしたいです!」という気持ちを
ストレートに伝えるのではなくて
癒してほしい、などというように
ちょっとオブラートに包んで伝えましょう。

 

できればセックスがしたいということよりも
相手のどこが気に入ったのか、
その部分を強調して

 

「○○が気に入ったので連絡しました」
というような文面を入れておくのがよいでしょう。

 

ここで返信やメッセージが来たら、
しばらくメールを続けます。

 

実際にセクフレとなるまでは
いつまでも紳士的に演じなければいけません。

 

これはセックスしたいということを
抑えるだけではなくて、
「相手に気を使う」ということも重要です。

 

メールの返信が翌日になってしまったら、
「昨日は寝てしまいました。ゴメンネ」
というフォローをしたり、

 

あらかじめメールのやりとりが続いている時に
そろそろ寝ようか…という時には、
「明日早いのでそろそろ…すいません」
というようなことを加えておきましょう。

 

ある程度メールのやりとりを続けたら、
自分から誘ってみます。

 

女性側のなかなか自分から誘えずに
「早く誘ってくれないかな…」と
思っていることは多いです。

 

ここは、紳士であれば男性から誘いましょう。

 

実際に会う時には身だしなみをチェックして、
できるだけ女性をもてなしてあげます。

 

そして、セックスできるできないに関わらず
「女性を楽しませたい」と思うようにしましょう。

 

そうすると自然と女性も一緒にいると楽しい人、と感じて
セックスをしてもいいかな…と思うのです。

 

ホテルに誘う時には
無理やりに誘うのはよくありませんが、
自分から「じゃあ、入ろうか」というように
促すことが大切です。

 

相手に「行く?」と聞くと
断られてしまうこともあるので
あまり判断させるシーンを出さずに
ホテルに入るようにしましょう。

 

これらのことを抑えておけば、
割とすぐにセクフレをつくることはできます。

セフレサイト無料